ヘアカラーのメリットとデメリット

白髪染めの種類

ひとえに白髪染めと言ってもその内容には様々な種類があり、これを大きく分けると4つのカテゴリーに分類されます。
それぞれのメリットとデメリットを把握し、ご自分に合うタイプを選んでみてください。



ヘアカラータイプのメリットとデメリット

数ある白髪染めの中で最も一般的で種類が多く、ドラッグストアなどでよく目にする白髪染めもこの「ヘアカラータイプ」と呼ばれるものがほとんどです。

【メリット】
・薬剤の種類が多く、使いやすいものを選択できる。
・染め上がりの色がしっかり入り、効果が長い。(約2ヶ月)
【デメリット】
・一度化学成分で脱色した後に染色するため、髪や地肌へのダメージが大きい。
・敏感肌やアレルギー肌では使用できないケースがある。
・何度も染めていると傷みが激しくなり、抜け毛や切れ毛などのトラブルを起こしやすい。


ヘアマニキュアタイプのメリットとデメリット

トリートメントタイプの白髪染めで、薬剤のタイプはクリーム状と泡状のものが主流です。

【メリット】
・ヘアカラーと違って脱色することなく髪の表面のみを染めるので、髪や地肌へのダメージが少ない。
・キューティクルを守りながら髪を染めるので、染色だけでなくトリートメントとしての効果も期待できる。
・配合成分は低刺激のものが多いので、敏感肌やアレルギー肌の人でもトラブルが起きにくい。
【デメリット】
・ヘアカラーと比較して色持ちが短く、染まり方が浅いことがある。
・シャンプーによって徐々に色落ちする可能性がある。



一時染め

薬剤のタイプとしては、スティックタイプやスプレータイプのものが主流です。他の白髪染めとは違い、補助的な用途を持つ白髪染めですので、基本的にはヘアカラーやヘアマニキュアをした上で、伸びて気になるフェイスラインなどへ使用すると良いでしょう。





シャンプータイプのメリットとデメリット

【メリット】
・毎日のシャンプーでゆっくり目立たず白髪を染めることができる。
・フェイスラインなどの伸びてきた部分を気にする必要がない。
【デメリット】
・即効性がないので、短時間で染めたい人や急を要する人には向かない。