色選びの方法

失敗しない色選びを

おしゃれ染めとは違い、かつては白髪染めと言えば黒や茶などの「白髪を目立たなくする」ためだけのカラーしかなかったものですが、最近では9色ものカラーバリエーションを誇るレフィーネをはじめ、さまざまな好みの色を選択できるようになってきました。

しかし、いったん染めてしまうと少なくとも1ヶ月は染め直しができないこともあり、色の選択を間違えるとせっかくのカラーリングが台無しになってしまいます。購入前には色選択のポイントを押さえ、慎重に、できるだけ失敗がないようにしたいものですね。





髪質で色を選ぶ

人の髪質は大きく分けると、硬毛と呼ばれる太くて硬い髪質と、軟毛と呼ばれる細くて柔らかい髪質に分類することができます。

個人差もありますが、一般的に硬毛の人は染まりにくく、軟毛の人は染まりやすいと言われており、発色に関しては、軟毛ではパッケージに近いかやや明るめの色になりやすく、逆に硬毛ではパッケージよりやや暗めに色が入る傾向があります。

パッケージの色は染料の影響を受けやすく、染まりやすい軟毛が基準となっていることが多いので、硬毛の人はパッケージの色よりワントーン明るい色を選択したり、規定の時間いっぱいまで放置するなどの工夫をすることで、より希望の色に近い発色を実現することが可能になるでしょう。
但し、規定時間以上の放置は髪と地肌にダメージを与える以外の何物でもありませんので、記載の放置時間はきちんと守りましょう。



白髪の量で色を選ぶ

白髪の量によっても白髪染めの発色には差が出ます。
白髪が比較的少なければ全体的に暗めの仕上りになりますので、希望よりワントーン明るい色を選ぶと良いでしょう。

逆に白髪が多い場合は明るめの仕上がりになりますので、ヘアカラータイプの白髪染めではワントーン暗い色を選ぶのも1つの方法です。
しかし、ヘアマニキュアタイプの白髪染めでは、染毛後のシャンプーでだんだんと色落ちすることが想定されるため、逆に最初から明るめの色を選ぶことによって、色落ちによる白髪の目立ちを極力少なくすることができるでしょう。






Copyright(c) 【2012-2013】 色選びの方法 All Rights Reserved.