白髪染めの注意点

身近な商品だからこそ注意を

白髪染めは店頭やネットで簡単に購入することができ、美容院に行かずとも自宅で都合の良い時間に染毛できる手軽さが便利な商品ですが、使用成分には刺激性の強いものも含まれているため、間違った使い方をしてしまうと毛髪や地肌に多大なトラブルを及ぼす恐れがあります。

使用前には説明書ていねいに読み、注意点の把握と確認をするようにしましょう。類似商品でもメーカーが違えば注意点も異なるケースがありますので、類似品だからと言って手を抜かず、きちんと確認するようにしてください。

尚、白髪は早い人であれば染毛後20日ほど、通常1ヶ月ほどで生え際から徐々に目立ってきてしまうことが多いのですが、使用頻度にも気を配り、頻繁に白髪染めを使うのはやめるようにましょう。
特に使用後、毛髪や地肌にストレスを感じた方は要注意です。できるだけ期間を開けたり、負担の少ない天然成分配合の白髪染めを試すなどの方法で、更なるトラブル回避を心がけましょう。


パッチテストの重要性

敏感肌やアレルギー体質の方などは、カラーリングをする場合特に注意が必要となります。染料には化学成分が含まれているものがありますので、それが毛髪や頭皮に触れることでかぶれや湿疹などを引き起こし、後に薄毛や抜け毛のトラブルに繋がる可能性もあるからです。

通常の白髪染めを使用するときは、パッチテストが必須となります。
パッチテストとはアレルギー反応の有無を調べるテストで、薬剤を綿棒などに少量取って腕の内側などに薄く塗り、48時間放置して異常が出ないかを判定するものです。
48時間以内に異常が出たら即テストは中止し、しっかりと薬剤を洗い流してください。この場合、白髪染めの使用はできません。

また、これまでに何回か同じ白髪染めを使用し、異常やトラブルがなかった方でも、体調や体質の変化や、季節の違いでアレルギー反応が出るケースもありますので、要パッチテストと書かれている商品は、毎回必ずパッチテストを行ってから使用するようにしてください。




Copyright(c) 【2012-2013】 白髪染めの注意点 All Rights Reserved.